ライフイノベーション(生物情報) 学位プログラム

当学位プログラムの詳しい情報は ライフイノベーション(生物情報)学位プログラム のホームページからご覧いただけます。

TOP 教員と研究室 学位授与方針 カリキュラム 入学者選抜概要 工学システム学類 社会工学類 情報科学類 国際総合学類

アドミッション・ポリシー(博士前期課程)

求める人材

 生物情報分野におけるイノベーションを実現する意欲、その実現に必要な専門知識および高度英語実践力を修得するに十分な素養を持つ人材を求める。

入学者選抜方針
  • 書類審査により、本学位プログラムで学ぶために必要な学士レベルの知識を有しているか、研究背景・将来の展望を英語により文章で説明できる能力があるかを評価する。
  • 英語能力試験により、本学位プログラムで学ぶために必要な英語能力(CEFR 基準でB2 以上)を有しているかを評価する。
  • 口述試験により、生物情報分野におけるイノベーションを実現する意欲、英語で説明・議論できる能力があるかを評価する。

アドミッション・ポリシー(博士後期課程)

求める人材

 生物情報分野におけるイノベーションの実現が期待される研究基礎力、その実現に必要な専門知識、国際社会において研究に関わるあらゆる活動を行うのに十分な英語の運用能力の修得に十分な素養、を持つ人材を求める。

入学者選抜方針
  • 書類審査により、修士レベルの専門知識を有しているか(在籍課程での成績が優秀であるか)、研究背景・研究計画および研究成果の社会還元について英語で具体的に説明できる能力があるかを評価する。
  • 英語能力試験により、本学位プログラムで研究活動を行うために必要な英語能力(CEFR 基準でB2 以上)を有しているかを評価する。
  • 口述試験により、生物情報分野におけるイノベーションを実現するための意欲および必要な研究基礎力、英語で説明・議論できる能力があるかを評価する。