人材養成目的・コンピテンス

人材養成目的

システム・情報・社会が融合・複合する学際領域において、グローバルな俯瞰力と多様で柔軟な思考力を持ち、現実世界の複雑で困難な問題を解決する独創力・発想力を備えてリーダーシップを発揮する研究者、大学教員、高度専門職業人を養成する。

博士前期課程

学士課程で身につけた知識と技術を基礎として、高度で幅広い科学的・工学的専門知識の修得と応用力の涵養を図るとともに、技術者ならびに研究者に対する社会的要請への理解を深めます。これにより、現実世界の様々な問題に多角的で新しい視点から取り組み、その成果を広く世界に伝える能力を備えた研究者、高度専門職業人を育成します。

博士後期課程/一貫制博士課程

グローバルな広い視野に立って自ら問題の本質を見いだし、最先端の専門的知識・方法論と多様で柔軟な思考力・独創力・発想力を駆使して解決法を追究する能力、研究成果を世界に発信するための記述表現・プレゼンテーション能力、プロジェクトの運営管理を含むリーダーシップ力の涵養を図り、将来にわたって国際的に活躍し続ける学識と実践的開発力を備えた研究者、高度専門職業人、大学教員を育成します。

コンピテンス

コンピテンスとは、学位授与時に学生が備えているべき知識・能力等のことです。

システム情報工学研究群では、コンピテンスを明確にし、それに基づく体系的な教育課程を編成・実施します。コンピテンスの明確化に当たっては、学生の専攻分野に関する高度な専門的知識・能力(専門コンピテンス)だけでなく、世界の多様な場、変化の激しい社会で生涯にわたる活躍を支える資質として汎用的能力(汎用コンピテンス)を養うことを明確にします。コンピテンスは学生にとって分かりやすいものとすることが重要であることから、設定したコンピテンスの修得状況をどのような観点で評価するのか(評価の観点)、また、どのような学修によって身につけるのか(対応する主な学修)を、各学位プログラムのカリキュラム・ポリシーにおいて明示しています。コンピテンスについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

汎用コンピテンス

博士前期課程

  1. 知の活用力:高度な知識を社会に役立てる能力
  2. マネジメント能力:広い視野に立ち課題に的確に対応する能力
  3. コミュニケーション能力:専門知識を的確に分かりやすく伝える能力
  4. チームワーク力:チームとして協働し積極的に目標の達成に寄与する能力
  5. 国際性:国際社会に貢献する意識

博士後期課程

  1. 知の創成力:未来の社会に貢献し得る新たな知を創成する能力
  2. マネジメント能力:俯瞰的な視野から課題を発見し解決のための方策を計画し実行する能力
  3. コミュニケーション能力:学術的成果の本質を積極的かつ分かりやすく伝える能力
  4. リーダーシップ力:リーダーシップを発揮して目的を達成する能力
  5. 国際性:国際的に活動し国際社会に貢献する高い意識と意欲

専門コンピテンス

博士前期課程

  1. 研究力:システム情報工学分野における研究課題設定と研究計画を遂行するための基礎的な知識と能力
  2. 専門知識:システム情報工学分野における高度な専門知識と運用能力
  3. 倫理観:工学分野の基礎的研究能力を有する人材又は高度専門職業人にふさわしい倫理観と倫理的知識

博士後期課程

  1. 研究力:システム情報工学分野における最新の専門知識に基づいて先端的な研究課題を設定し、自立して研究計画を遂行できる能力
  2. 専門知識:システム情報工学分野における先端的かつ高度な専門知識と運用能力
  3. 倫理観:工学分野の研究者又は高度専門職業人にふさわしい倫理観と倫理的知識、及び専攻する特定の分野に関する深い倫理的知識