社会工学 学位プログラム

当学位プログラムの詳しい情報は、社会工学学位プログラム のホームページからご覧いただけます。

TOP 教員と研究室 学位授与方針 カリキュラム 入学者選抜概要 社会工学類

博士前期課程

募集人員

88名

授与する学位の名称

修士(社会工学)[Master of Science in Policy and Planning Sciences]

人材養成目的

「社会工学学位プログラム(修士)」を通して、専門的な見地から社会要請に提言・寄与できる国際的なスペシャリスト「未来構想のための工学に立脚した問題解決型人材(モード1型人材)」を養成する。

養成する人材像

「未来構想のための工学に立脚した問題解決型人材(モード1型人材)」
社会的知識、論理的思考力、各種の工学的スキルを基盤とする「問題解決能力」を有し、IT エンジニア、生産管理・マーケティング技術者、政府系銀行、金融アナリスト、コンサルタント、シンクタンク研究員、都市計画・まちづくりコンサルタント、組織管理職、ファイナンシャル・プランナー、建設・不動産業企画/開発プランナー、タウンアーキテクト、国・都道府県・市町村企画部門公務員等として活躍できる人材。

修了後の進路

IT エンジニア、生産管理・マーケティング技術者、政府系銀行、金融アナリスト、コンサルタント、シンクタンク研究員、都市計画・まちづくりコンサルタント、組織管理職・ファイナンシャル・プランナー、建設・不動産業企画/開発プランナー、タウンアーキテクト、国・都道府県・市町村企画部門公務員等

教員研究分野一覧

研究分野一覧 (準備中)

博士後期課程

募集人員

22名

授与する学位の名称

博士(社会工学)[Doctor of Philosophy in Policy and Planning Sciences]

人材養成目的

資産・資源のデザイン(ファイナンス・最適化)、空間・環境のデザイン(都市計画)、組織・行動のデザイン(行動科学)の3 つの分野全般の知識を有し、少なくとも1 つの分野で専門家と呼ぶにふさわしい工学的なスキルを備え、自ら問題発見・問題解決のプロセスを完遂して、国際的に評価の高い研究成果を創出できる「未来構想のための工学に立脚した問題発見・解決型人材」(大学教員、高度専門職業人、研究者等)を養成する。

養成する人材像

「未来構想のための工学に立脚した問題発見・解決型人材」
社会的知識、論理的思考力、各種の工学的スキルを基盤とする「問題解決能力」と、より抽象的な事象を対象化できる「問題発見能力」を有し、工学・経済・学際系大学教員、官公庁関連職員、国際公務員、IT エンジニア、生産管理・マーケティング技術者、政府系銀行、金融アナリスト、コンサルタント、シンクタンク研究員、都市計画・まちづくりコンサルタント、建設・不動産業企画/開発プランナー、タウンアーキテクト、国・都道府県・市町村企画部門公務員等として活躍できる人材。

修了後の進路

工学・経済・学際系大学教員、官公庁関連職員、国際公務員、IT エンジニア、生産管理・マーケティング技術者、政府系銀行、金融アナリスト、コンサルタント、シンクタンク研究員、都市計画・まちづくりコンサルタント、建設・不動産業企画/開発プランナー、タウンアーキテクト、国・都道府県・市町村企画部門公務員等

教員研究分野一覧

研究分野一覧 (準備中)