エンパワーメント情報学プログラム

当学位プログラムの詳しい情報は エンパワーメント情報学プログラム のホームページからご覧いただけます。

TOP 教員と研究室 学位授与方針 カリキュラム 入学者選抜概要 工学システム学類 社会工学類 情報科学類 国際総合学類

エンパワーメント情報学プログラム 入学試験案内

アドミッション・ポリシー

求める人材

 本質を探究し実問題を解決する応用力、多角的で複眼的な俯瞰力と、最先端の新しい学問領域の地平を切り開く独創力等、専門分野における十分な研究能力を有し、現実の社会に広がるさまざまな地球規模課題に取り組むリーダーとなる資質と強い熱意を持ち、かつ産業界でのグローバルリーダーを目指すキャリア志向のある人材を求める。

入学者選抜方針

 学術性と実践力の両立にふさわしい人材を選抜することを基本方針とする。入学者の選抜にあたっては、推薦入学試験と一般入学試験によって多様な入学志願者に対応するとともに、募集定員を分割し同一年度内に複数回の入学試験を実施する。試験区分にかかわらず外国語(TOEIC の公式認定証またはTOEFL の受験者用スコア票を出願時に提出)と口述試験を必須とし、これらに加えて8 月期のみ成績証明書を加えて選抜するものとする。口述試験では研究計画とキャリアプランに関する試問を行う。

  • 推薦入学試験(7 月期)では、当学位プログラムを第一志望とし、成績が優秀でエンパワーメント情報学の研究に必要な能力が特に優れた者を選抜する。
  • 第1 回一般入学試験(8 月期)では、数学・英語等の基礎学力が高く、志望理由が明確で研究計画とキャリアプランの具体性や着想の点で優れている者を選抜する。また、第2 回一般入学試験(2 月期)では、それらに加えて卒業研究(またはそれに代わるもの)を評価して選抜する。