社会人のための博士後期課程早期修了プログラム(学生生活)

ここは,早期修了プログラムに合格した,もしくは,在籍している方とその指導教員の皆様へのページです。
受験希望の方はこちらをご覧ください。

講義科目の履修について

履修方法

「社会人のための早期修了プログラム」は,博士後期課程の一部として行われています.従って,同プログラムを修了し,博士号を取得するためには,中間審査や予備審査,公開発表・最終試験に合格し,博士論文を完成させるだけでなく,各専攻で定めた数以上の単位を修得する必要があります.

修了に必要な単位数

以下の表に,各専攻の修了に必要な単位数を示します.

社会工学 リスク工学 コンピュータサイエンス 知能機能システム 構造エネルギー工学
講義 8 4 (2)※ 2 2
特別演習 8 2 2+(2)※ 4 2
特別研究 4 6 6 6 6
20 12 10 12 10
(※: 講義又は特別演習Bから2単位選択)

履修方法の詳細については,筑波大学ホームページにある「大学院: 開設授業科目」から参照できます.

修了に必要な単位の内,講義科目については,所属専攻で開設している科目だけでなく,システム情報工学研究科内の他専攻の科目や,研究科共通科目,大学院共通科目,他研究科科目,前期課程の専門科目を履修することが認められる場合があります.

社会工学 リスク工学 コンピュータサイエンス 知能機能システム 構造エネルギー工学
H28年度
以前入学者
H29年度
以降入学者
研究科内他専攻科目
研究科共通科目
大学院共通科目 ◆(選択必修)
◇(選択必修を
除く大学院
共通科目)
他研究科科目
前期課程専門科目
◆: 指導教員等の事前承認なしで修了要件に含めることが可能
◇: 指導教員等の事前承認に基づき、修了要件に含めることが可能

講義によっては,筑波キャンパスではなく,東京キャンパスで開講されるものもあります.また,大学院共通科目は,他研究科の学生が受講することを想定し,集中講義で行われるものも多いです.このように,柔軟な履修を認めていますので,専門以外の分野の講義を履修することで,自分の視野を広げることも可能です.

早期修了プログラム独自の必要書類

入学前

入学時審査時

入学時審査は,博士後期課程社会人特別選抜に合格した受験生の内,「社会人のための早期修了プログラム」の履修を希望したもののみが受けられます.履修案内は,合格発表後,合格者に通知されます.

なお,達成度自己点検シート,達成度評価シート,達成度評価記録は,入学時審査,中間審査,予備審査で共通です.

申請者 教員
  1. 早期修了プログラム履修案内 (H30 8月期合格者送付用)
  2. 早期修了プログラム履修に係る日程表(9月審査 2月審査)
  3. 達成度自己点検シート
  4. 履修審査申込書
  1. 達成度評価記録
  2. 達成度評価シート (入学時審査時)
  3. 達成度評価記録 (入学時審査シート)

※ いずれも, シス情系掲示板システム 「様式」→「大学院教務」→「早期修了プログラム」から入手できます

入学後

在学中を通して,履修生はスチューデントポートフォリオと学修記録を,指導教員は研究指導ポートフォリオを作成して下さい.「公開発表・最終試験時」の際に提出が求められる場合があります.また,外部評価の際にエビデンスとして提出をお願いする予定ですので,必ず作成して下さい.

履修者 教員
  1. スチューデントポートフォリオ (様式自由: 作成例)
    在学中に,指導教員などから受けた指導内容や,その指導にどのように対応したかをまとめる
  2. 学修記録 (様式自由)
    • 履修した科目に関する作成物(講義メモ,講義内容の概要,最終レポートなど)
    • 博士論文の研究にかかるゼミ等での発表資料(レジメ,パワーポイントスライド)
    • 中間審査,予備審査,最終審査の発表資料(レジメ,パワーポイントスライド)
    • 博士論文に関連する,学会での発表資料(ペーパー,パワーポイントスライド)
    • その他, 在学中に学修したことを示す記録全般
  1. 研究指導ポートフォリオ (様式兼作成例が シス情系掲示板システム「様式」→「大学院教務」→「早期修了プログラム」から入手できます)
    指導方針と指導理念,具体的な指導方法と指導内容,使用教材,その他指導に関する特記事項をまとめる

中間審査時

中間審査は,入学後4ヶ月以内に行われる予定です.審査日程等については,所属専攻にお問い合わせ下さい.

履修者 教員
  1. 達成度自己点検シート (中間審査時)
  1. 達成度評価シート(中間審査時)
  2. 達成度評価記録 (中間審査時)

※ いずれも, シス情系掲示板システム 「様式」→「大学院教務」→「早期修了プログラム」から入手できます

予備審査時

予備審査は,入学後8ヶ月以内に行われる予定です.審査日程等については,所属専攻にお問い合わせ下さい.

履修者 教員
  1. 達成度自己点検シート (予備審査時)
  2. 早期修了 (大学院学則第44条第2項適用) の資格審査願別紙1~2
  3. 予備審査の申請書 (所属専攻にお問い合わせ下さい)
  1. 達成度評価シート (予備審査時)
  2. 達成度評価記録 (予備審査時)
  3. 早期修了 (大学院学則第44条第2項適用) の資格審査に係る書類
  4. 予備審査に係る書類 (所属専攻にお問い合わせ下さい)
    なお,「学位論文予備審査報告書」には, 早期修了プログラムで修了可能である旨を 書き加えて下さい.

※ 1. と 2. は, シス情系掲示板システム 「様式」→「大学院教務」→「早期修了プログラム」から入手できます. 3. と「学位論文予備審査報告書」は,シス情系掲示板システム「様式」→「大学院教務」→「論文関係」から入手できます.

博士論文等提出時

博士論文等の提出時期は,シス情学生用ページの「大学院教務関係」→「課程博士論文関係(正規生)」に掲載されます.

履修者 教員
  1. 学位論文(簡易製本)
  2. 学位論文審査願
  3. 論文概要
  4. 論文目録
  5. 履歴書
  6. インターネット公表に関する申出書
  7. 論文公正に関する確認書

※ 上記書式は,いずれもシス情学生用ページの「大学院教務関係」→「課程博士論文関係(正規生)」から入手できます

公開発表・最終試験時

公開発表・最終試験の審査日程等については,所属専攻にお問い合わせ下さい. 教員の方は,課程博士論文審査日程と早期修了日程の対比表が, シス情系掲示板システム 「様式」→「大学院教務」→「論文関係」から入手できます.

実施内容は専攻毎に異なるので,公開発表・最終試験時に書類の提出が必要な書類があるかどうかは,所属専攻に確認して下さい.

(H29.9.8更新)

  • 修了生と指導教員のことば
  • 入学までの流れ
  • 博士早期修了プログラム入試情報
  • 履修に必要な研究業績
  • 早期修了プログラム独自の必要書類