学位プログラム制へ全面移行(2020年4月より)

学位プログラム制へ全面移行(2020年4月より)

筑波大学は2020年4月より、全ての大学院課程を学位プログラム制へ移行し、「3学術院・6研究群」に改組再編します。
全大学院組織を学位プログラム制に移行した今回の改革は日本初のことです。
本学は今後も急激に変化し、複雑化した現代社会のニーズに対応できる高度かつ多様な人材を養成していきます。
従来ならばひとつの専攻のみを担当していた教員が他のプログラムを協働指導できるようになり、学生の皆さんはより幅広い視野のもとで研究することが可能になります。

システム情報工学研究科は8つの学位プログラムを持つシステム情報工学研究群(理工情報生命学術院)となります。

    • 社会工学学位プログラム(博士前期課程、博士後期課程)
    • サービス工学学位プログラム(博士前期課程)
    • リスク・レジリエンス工学学位プログラム(博士前期課程、博士後期課程)
    • 情報理工学位プログラム(博士前期課程、博士後期課程)
    • 知能機能システム学位プログラム(博士前期課程、博士後期課程)
    • 構造エネルギー工学学位プログラム(博士前期課程、博士後期課程)
    • エンパワーメント情報学プログラム(一貫制博士課程)
    • ライフイノベーション(生物情報)学位プログラム(博士前期課程、博士後期課程)

なお,2月期に行われる大学院入学試験では,学位プログラムでの入試となります。

全体構想概要(プレスリリース資料)
http://www.tsukuba.ac.jp/education/pdf/degree-program/dp20190924.pdf