印刷

入学案内

人材育成の目的

「筑波大学大学院学則に基づくシステム情報工学研究科細則」により,本研究科,及び本研究科の各専攻の後期課程の人材育成目的を,以下のように定めています.

システム情報工学研究科(後期課程)の人材育成目的

人材育成目的
システム情報工学研究科 本研究科は、「システム」、「情報」及び「社会」の融合を目指した新しい学際分野における教育研究を志向する。従来の枠にとらわれない分野横断的で普遍的な考え方に基づいて、科学的・工学的な専門知識及び最先端の方法論の教育を行うことにより、グローバルで広い視野を持ち、多様な考え方ができ、主体性をもってチームワークを推進できる人材及び現実世界の複雑な問題を解きほぐすことができる柔軟で独創的な発想力を備えた人材の育成を目指すことを目的とする。また、前期及び後期の課程における人材育成目的は、それぞれ次の各号に掲げるとおりとする。
(1) 博士前期課程 (略)
(2) 博士後期課程 グローバルで広い視野に立って自ら問題の本質を見いだし、最先端の専門的知識、方法論及び柔軟で独創的な発想力に基づいてその解決法を追究する能力、研究成果を国際的な場で発表するための記述表現能力並びにプレゼンテーション能力の涵養を図るとともに、将来にわたって活躍しプロジェクトの運営管理を含めてリーダーシップを発揮できる学識及び実践的開発力を備えた研究者の育成を目指す。

 

各専攻(後期課程)の人材育成目的

専攻 人材養成目的
社会工学 社会工学学位プログラムを通して、国際的に評価の高い研究成果を創出できる研究者「未来構想のための工学に立脚した問題発見・解決型人材」の育成を目的とする。
リスク工学 多様なリスクを科学的及び工学的な方法により解明できる高度な技術を持つ研究者を養成し、社会で活躍できる人材の輩出を目標とする。このため、博士前期課程の基本要件についてより高度な水準の能力を備えるとともに、プレゼンテーション・コミュニケーション能力に優れた国際的に通用性の高い研究者及び高度専門職業人レベルの人材を育成する。
コンピュータサイエンス コンピュータサイエンスの教育研究を通じて、情報技術の多様な分野に関して深い専門性を持ち、独創性と柔軟性を兼ね備え、国際的にも通用する知識と専門的研究能力・実務能力を併せ持つ人材を育成することを目的とする。特に、博士後期課程では、対象とする情報学の研究分野において、高度な水準の専門性を兼ね備え、先導的な役割を果たせる国際的な研究能力を持った人材の育成を図る。
知能機能システム 人間、コンピュータ、機械、センサ及び通信のうち、複数の分野にまたがる幅広い問題解決能力を身につけ、それらに関連する研究プロジェクト等における企画、管理、運営及び人材養成ができる研究者及び高度専門職業人の育成を目指す。
構造エネルギー工学 機械、建築、社会基盤、エネルギー、航空宇宙等の工学分野のいずれかにおいて高度の専門知識を有するだけでなく、関連する周辺分野に関する横断的な視野や国際的な情報発信能力を備え、研究プロジェクトの管理運営を適切に行い、社会で主導的な役割を果たすことができる研究者及び高度専門職業人の育成を目的とする。