教育目標と教育課程編成・実施の方針(前期)

博士前期課程の教育目標

学士課程で身につけた知識と技術を基礎として、高度で幅広い科学的・工学的専門知識の修得と応用力の涵養を図るとともに、技術者ならびに研究者に対する社会的要請への理解を深めます。これにより、現実世界の様々な問題に多角的で新しい視点から取り組み、その成果を広く世界に伝える能力を備えた研究者、高度専門職業人を育成します。

博士前期課程の教育課程編成・実施の方針

  • 専攻の講義科目・演習科目、研究科内あるいは研究科間の共通科目の履修により、分野横断的な専門知識と方法論を修得します。
  • 研究開発・調査研究などの実践を通じて、現実問題を工学的に分析し、課題を設定し解決する能力、仮説を設定し検証する能力を修得します。
  • セミナーやグループワークなどを通じて、主体性をもってチームワークを推進する能力、状況に適したリーダーシップを発揮できる能力、説得力をもって研究成果を発表する能力、国際的に通用するコミュニケーション能力を涵養します。
  • 複数教員指導体制のもとで多様な考え方を理解し、多角的で新しい視点から問題に取り組む発想力を涵養します。
  • ティーチングアシスタント(TA)などの体験を通じて、教育研究指導のための基礎的な能力を涵養します。
  • 大学院共通科目ならびに研究科共通科目の履修により、技術が社会に及ぼす効果と影響を予測・評価する能力を修得するとともに、技術者・研究者に対する社会的要請と技術者倫理に対する理解力を深めます。