教育目標と教育課程編成・実施の方針(後期)

博士後期課程の教育目標

グローバルな広い視野に立って自ら問題の本質を見いだし、最先端の専門的知識・方法論と多様で柔軟な思考力・独創力・発想力を駆使して解決法を追究する能力、研究成果を世界に発信するための記述表現・プレゼンテーション能力、プロジェクトの運営管理を含むリーダーシップ力の涵養を図り、将来にわたって国際的に活躍し続ける学識と実践的開発力を備えた研究者、高度専門職業人、大学教員を育成します。

博士後期課程の教育課程編成・実施の方針

  1. 専攻の講義科目・演習科目、研究科内あるいは研究科間の共通科目の履修により、最先端の専門知識・関連知識・方法論を修得します。
  2. 研究開発・調査研究などの実践を通じて、グローバルな広い視野に立って自ら問題の本質を見いだして課題を設定し、それを追究・解決する能力を修得します。
  3. リサーチアシスタント(RA)などの体験を通じて、プロジェクトの企画・運営・管理に必要な能力ならびにリーダーシップ力を修得します。
  4. ティーチングフェロー(TF)もしくはティーチングアシスタント(TA)などの体験を通じて、適切な教育研究指導を行っていくうえで必要なさまざまな能力を修得します。
  5. 国際会議などでの発表経験を積むことにより、説得力をもって国際社会に情報発信を行うための研究成果記述表現能力、プレゼンテーション能力、ならびにコミュニケーション能力を修得します。
  6. 大学院共通科目ならびに研究科共通科目の履修により、技術が社会に及ぼす効果と影響を予測・評価する能力を修得するとともに、技術者・研究者に対する社会的要請と技術者倫理に対する理解力を深めます。